HOME > 最新情報

最新情報

大和路に春を呼ぶ東大寺二月堂の修二会(お水取り)



奈良に春を呼ぶ行事、修二会が3月1日から14日まで行なわれました。 1250年以上一度も休むことなく続く伝統行事で、古都奈良で繰り広げられる14日に及ぶ荘厳な行事です。修二会の行事の一部を取って、お水取り、お松明とも呼ばれています。 修二会のクライマックスは3月12日で、1日から14日にかけては、お松明が毎日二月堂の舞台廊にあがりますが、12日のお松明は “籠たいまつ”と呼ばれ、重さが約60kgにもなります。  練行衆を世話する童子らが、この籠たいまつを肩に担いで、ゆっくりと石段を上がり、大きな炎に先導された練行衆が一人また一人と二月堂へ上がって行きました。

画像をクリックすると拡大画像が表示されます。


夢の森工房の周りの景色

例年になく高山の里も寒い冬でした。
夢の森工房の周りの雪景色を撮影しましたのでご覧下さい。




最新の情報を見る

個人情報保護について 特定商取引に関する法律に基づく表示 相互リンク サイトマップ   ページ上部へ戻る
Copyright (C) 2011 Trial promotion All Rights Reserved.
このサイトに掲載されているデザインや作品はわたくしたち夢の森工房の心を込めた財産です。許可なく無断引用・転載することをお断り致します。