建築用ガラス工芸

 
         
 

琵琶湖を望むリゾートホテル・ロイヤルオークホテルのリニューアルグランドオープンのため、ロビーの中心に立つ高い天井まで突き抜ける大きな八角形の柱を取り囲むアートガラスを制作しました。

照明柱の装飾としてはもちろん、誰もが通るロビーという空間を彩る照明としての役割もあり、装飾や調度品との調和もひとつの課題でした。 画像1

柱の内側に据え付けた照明は、明るさを変えることが出来、照明を消す・下のほうだけ照らす・全体を照らす、というように時間帯や用途によって調整することができます。
照明を消すと湖を思わせる深いグリーンの重厚な柱となり、落ち着いた雰囲気をつくり出し、艶やかなな表面は周りのものを映り込ませます。 画像2

下の照明だけを点けることによって、床から天井に伸び上がる光のグラデーションを楽しむことが出来ます。 画像3

更に全体を照らすと、きらきらと輝く積層が高級感のある華やかな雰囲気を作り出します。 画像4

直線で表現したシャープな枠とアートガラスですが、落ち着いた色のラインをランダムに入れ、ほんの少し規則性を崩すことで、印象を和らげています。 画像5画像6

照明のそばで強く照らし出される積層ガラスの表情や、そこから伝わってきた淡い光によって出来た優しい表情が人々の目を楽しませてくれます。 画像7画像8

従来のイメージを一新させるリニューアルの狙い通り、今までのイメージとはまた違った印象を与え、ゲストの方々からもご好評をいただいているそうです。

場所 滋賀県大津市
サイズ 高さ 約360p 直径 約150p 厚み 約20o
企画施工 潟Cグアス




個人情報保護について 特定商取引に関する法律に基づく表示 相互リンク サイトマップ   ページ上部へ戻る
Copyright (C) 2011 Trial promotion All Rights Reserved.
このサイトに掲載されているデザインや作品はわたくしたち夢の森工房の心を込めた財産です。許可なく無断引用・転載することをお断り致します。