HOME > 建築用ガラス工芸ギャラリー > 照明 > アフターフォロー
建築用ガラス工芸

燈具・金具

取り付け方法

HP掲載の天井取付照明(ペンダントライト等)は引っ掛けシーリング対応にしていますので、下記のような器具が天井に付いていれば、器具に差し込むだけで簡単に取り付け出来ます。


天井から直接電気配線のみが出ている場合は、お近くの電気店へローゼットやシーリングの取付をご依頼ください。
天井にローゼットなどを設置して頂ければお客様自身で取付けが可能になります。配線ダクトレールの場合は、ダクトレール用引掛シーリングプラグを取り付ければ、取り付けられます。

チェーン吊り 、シャンデリア及びブラケット等の取り付けは電気工事が必要です。
資格のある業者さんにご依頼下さい。

器具・シェードのみの購入可

お買上いただいたシェードが割れてしまった・シェードは無事だけど灯具が壊れてしまった・雰囲気を変えたいので加工をしたい、などシェードや器具だけのご購入や購入後の加工もお受け致します。

電球交換の仕方・注意点

照明器具のお手入れや電球の交換をする際は、必ず電源を切り、照明器具が冷めてから行ってください。また、感電の危険もありますので、濡れた手で触らないようにご注意ください。

使い終わった電球は、お住まいの地域の処理方法に従ってお捨てください。
また、怪我防止のために電球が割れないように電球が入っていたクッション材や新聞などに包んで処分してください。

お手入れ方法

軽く濡らし、よく絞った柔らかい布やスポンジで拭いた後、乾いた布で水気をきれいに拭き取ります。  また、ガラスクリーナー等を乾いた柔らかい布に付けて汚れを拭き取ってください。
スリガラスは、素手で触ると指紋が付き独特の曇りが消えることがあるので(ゴム)手袋等をご使用ください。

汚れが付いた場合は水洗いを避け、乾いたふきん、または固く絞ったふきんで汚れを落としてください。

水で薄めた中性洗剤をやわらかい布かスポンジに含ませ、よく絞ってから拭きます。
さらに、中性洗剤が残らないようにもう一度水拭きをして乾かします。クレンザーやたわしなどを使うと傷つく恐れがありますので、絶対に使わないでください。

やわらかい布でほこりを払いから拭きして汚れを落とします。
デリケートな素材なので洗剤はなるべく使わず、 濡れた布もサビや変色の原因となるのでお控え下さい。

乾いた布やはたきでほこりを払います。目立つよごれがあれば、よく絞った布で拭き取ってください。

ハケやハタキなどでやさしくほこりを払い、その後やわらかい布で軽くから拭きます。
汚れが付くと落ちにくい素材なので普段からの細めなお手入れが必要です。
水拭きは木・和紙製の器具の変形や破損につながる恐れがあるので、控えてください。


個人情報保護について 特定商取引に関する法律に基づく表示 相互リンク サイトマップ   ページ上部へ戻る
Copyright (C) 2011 Trial promotion All Rights Reserved.
このサイトに掲載されているデザインや作品はわたくしたち夢の森工房の心を込めた財産です。許可なく無断引用・転載することをお断り致します。